修理工場決定 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし修理工場決定

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2014年 10月 05日 (日) 20:38 | 編集
ボディに穴が開いて、修理しないと車検が通らない
19歳の愛車ジムニー1300。
新車購入も視野に入れつつ、かなり悩んでいたのですが、
今日やっと、ジムニーの修理工場を決めました。
気に入っていて、乗っている分には全く問題が無いのに、
あと数週間で手放すということが、想像出来なかったのでした。
修理の話は全部で4カ所に話を聞いたかな?
工場の決め手は、レストア中の仕事や、修理後の車の足回りを見ながら、
予算や状態に合わせた具体的な修理方法を聞けた事です。
「うちに任せておけば悪いようにはしない」と言う話は、
悪質業者もまとな業者も言う訳ですから、
話を聞くだけで判断すると言う事はなかなか難しい。

そもそも、良心的な値段か、技術が優れているのかどうかまでは、
素人には判断出来ません。(建築や家具なら、自分で判断が出来ますが…)
相手が見せてくれる範囲の仕事ぶりと、
話をしている相手との相性で判断するしかない。
家も車も同じ。
値段はその後についてくる話であって、
安い仕事には安い理由が、高い仕事には高い理由があるわけで、
そこに自分が納得するかどうかが大事。
安けりゃ良いってことはないのです。

今まで、アルピコに見てもらっていましたが、
レストア的な修理が不得手なのは予想がつくし、
整備費が安くない事も承知していて付き合って来ました。
話をして、今回はお互いに擦り合わせが出来ないということで
修理をお願いする事はありませんでしたが、
その過程になんの不満も感じていません。
だって街の修理工場じゃなくて、車検工場なんだもの。
例えば、健康診断医に盲腸の手術は無理ってもんです。
アルピコでは、自分の車の下を見ながら、
整備士と意思疎通が出来る事に、お金を払う価値があるのでした。
整備後の車に不都合を感じたことも無いので、
車の事がわからない私は、今まで満足してきましたが、
そこはそれぞれの価値観でしょうね。

自分の車のどこが悪いのかを見る事も無く、
預けて整備が終わったらお金を払うだけで、
説明もなんだかあやふやで、コミュニケーションが取れない。
こんな風に、納得することのないままお金を払うのが、
私にとっての最悪です。値段は関係ないです。
(ディーラーとの付き合いはこうだった)
建築関係の職人さんや木工関係の人を見て来て思うのですが、
私は、きちんと状況を説明出来ない人に、
技術が伴うとは思えないのです。

今後の予定としては、自分の車を預けてボディを上げてもらって、
その状況次第で予算に合わせた修理方法を詰める事になりますが、
最初のハードルの業者選定が終わって肩の荷が下りました。
アドバイス下さった皆様、どうもありがとうございました。
気が重くてしょうがなかったので、とても支えになりました。
取り急ぎお礼まで。

Comment
この記事へのコメント
今晩は、そばの横好きです。

>業者選定が終わって肩の荷が下りました。
業者が決まって良かったですね。
これで終わりでは無く、これからです。
もう少し頑張って下さい。

私の場合は、新車でディーラーで購入後、ずっと面倒を見て貰っています。
修理の場合は車をリフトで上げて故障個所の説明と修理方法の説明を受けています。
なので、100%安心しています。
2014/ 10/ 07 (火) 19: 34: 46 | URL | そばの横好き # XFDgHaK2[ 編集 ]
そばの横好きさんへ
そうですよね。ちゃんと見せて説明してくれないと安心できませんよね?
ユーザーとしては、ディーラーが一番身近ですから、
そばの横好きさんのディーラーはちゃんとしていて、
100%安心出来るなんて、うらやましいです。
今回の修理の相談で、リフトアップして見ながら話せた整備工場は 、
4軒中2軒でした。

前回記事の”ヘロヘロ”に追記してあるのですが、
割れてもいないパーツを割れていると嘘をつかれて、
万単位の見積もりを出して来たので、
ディーラーには100%の不信感です。
まぁ、変だなと感じたら、相手の話を鵜呑みにしないで、
自分の目できちっと確認すべし。
という自分の経験値が増えて良かったんですけど。

修理はこれからが本番ですが、
何事も経験だと思ってがんばります。
2014/ 10/ 07 (火) 21: 40: 59 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.