⑩鬼胡桃とイチジクのカンパーニュ - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし⑩鬼胡桃とイチジクのカンパーニュ

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2014年 10月 16日 (木) 12:03 | 編集
鬼胡桃とイチジクのカンパーニュ

パンを焼きはじめて10回目です。
庭のブラックベリーの天然酵母で8回目。
今回は家の横で収穫した鬼胡桃のカンパーニュです。
胡桃割りの方法は先日の記事参照
トルコの白イチジクもどっさり入れました。
小麦粉も変えたところ、これならと思えるパンが焼けました。
1年分の鬼胡桃を収穫しておかなきゃ。

天然酵母カンパーニュ
こちらは普通のカンパーニュ。
高さが出ませんでしたが、味は私好みに近づいて来ています。
長野産の柄木田の夢世紀(中力粉)を初めて使いましたが、
やっぱり味の決めては小麦粉のようで、美味しく焼けました。
噛んだ時の味わいと、トーストした時のかおりが今までと全然違う。
クラストはリスドォルのお陰か、いつもパリッと焼けます。
水を多めにしたのでクラムはしっとり。

カンパーニュ2種
今回は水を増やし、二次発酵時間を短めに取りました。

柄木田の夢世紀(中力粉) 230g
リスドォル 70g
国産小麦全粒粉(江別製粉) 100g
塩 大さじ1/2
きび砂糖 大さじ1.5
ライ麦元種 145g
水 230g

新しい地粉の柄木田の夢世紀(中力粉)で作りました。
室温25度なので、水温24度で5分くらいの捏ねでしょうか。
水多めなので、手にべっとりくっついて大変で、
捏ねてるんだか手にくっつけてたんだかわからない感じでした。
生地がまとまって滑らかになったら終わりにしました。

生地の半分に、オーブン150度で10分ローストした鬼胡桃50g、
トルコの白イチジク80gをぬるま湯で緩めて、
水分を拭いたものを混ぜ込みました。

一次発酵 30℃ 2時間45分 (胡桃 2時間55分)
ベンチタイム 20分
ニ次発酵 28℃ 45分

型のどんぶりとすり鉢には、薄くオイルを塗ってから、
粉を振りましたが、外しやすくて良かったです。
胡桃の方には、ライ麦粉を降りました。

ボールごと250℃で余熱。
ボールで蓋をして250℃で12分
蓋を外して230℃で20分

江別の全粒粉が終わったので、
次は柄木田のゆめかおり+小麦ブランで焼いてみようと思います。
夢世紀 230g
リスドォル 70g
ゆめかおり 80g
小麦ブラン 20g
の予定。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.