青竹洗いと竹棚 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし青竹洗いと竹棚

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2014年 10月 30日 (木) 12:03 | 編集
洗い終わった青竹

洗い終わった青竹です。
先々週、飯島町で竹細工用の真竹を取って来ました。
取った時は、白や黒の汚れがついています。
例年、洗うのに四苦八苦していたのですが、
今年は、薪ストーブの灰をふるったものをたっぷりつけて、
アムウェイの柔らかいスチールタワシ(ホーム スクラブ・バッズ)
で優しく洗ったら、簡単綺麗に汚れが落ちました。
今までの苦労はなんだったんだ……
この組み合わせで試した事があったけど、
灰をふるいにかける事で、全然違う結果になったのでした。
細かい灰さえたっぷりつけば、スポンジでも良いのかも。

さて、青竹の保管場所ですが、なかなかうまい場所がありません。
さらし竹ならば、家の中でも問題ないのですが、
青竹は家の中では保管出来ないのです。

①そのまま家の中で保管orシートで包んで家の中。
  乾燥しすぎて割れる。黒いシミ?で使えない。
②薪小屋の屋根下
  結局日が当たる。色むらが激しく使えない。
③北の軒下に立てかける
  1年ちかく青竹のまま。黒くならない。
  問題なく使える。
  ただし、台風時は雨に当たるし風で倒れるので、
  管理が大変だし、場所を取るのでイマイチ。

ムラなく茶色く乾燥してくれれば良いのですが、
③以外は、黒や色むらになって、使えない竹になってしまいます。
見た目だけではなく、竹包丁で割れなくて加工しにくいのです。
今まで試した感じでは、この乾燥しすぎる土地では、
ある程度の湿度が無いと、青竹はうまく保存出来ないようなのです。
この家で、湿気がある場所と言うと、北の軒下しかない。
湿度がありすぎるとカビの不安もありますが、
③の状態では、カビは大丈夫でした。
とりあえず今回は、北の軒下に棚を作ってみました。
これでダメなら、倒れないように立てかけられる棚を作るかな。

竹用のアングル
太郎に作ってもらったアングル。

竹を並べる
シートを敷いて竹を並べる。
欲しい竹が見つかりやすいように、
節の数と節間の長さを書いてみました。

竹を包む
保湿と雨よけ、紫外線防止のために、シートで包みます。
ブルーシートや黒や白のシートでは雰囲気悪いので、
太郎の職場の廃材のシートの色んな柄から、
良さそうなのを選びました。

竹棚
全景はこんな感じ。
雰囲気を壊したくないのですが、このくらいなら許容範囲か。
シート無しで行けるなら雰囲気壊さないので、
数本はシートから出して置いて試してみよう。
ちなみに、私は青竹を保存しようとしていますが、
苛性ソーダで煮て、晒し竹にしてしまう方法もあります。
竹を煮る容器を自作しないといけないので、
今の所は煮る予定はありませんが…。

竹細工のエントリーが増えて来たので、
カテゴリを新しく設けました。
そして、今朝の最低気温0℃。
北庭では霜柱がバリバリ立ってました……

追記
2015年から、シートを変えたら雰囲気もしっくり、
しっかりしたシートなので、保存状態も良くなりました。

グリーンシート



Comment
この記事へのコメント
こんばんは
飯島に来て戴いたんですね。
竹は伊那市と宮田村の境辺りまでが自生の北限だと高校時代に習った気がしますが、竹の種類までは失念しました・・・^^;

飯島の竹は好いんですか?昔は竹屋さんが定期的に竹を伐りに来てましたが、最近は見かけなくなっちゃいました。

竹細工をやってみたい今日この頃です

2014/ 10/ 30 (木) 19: 03: 50 | URL | タッキー # -[ 編集 ]
タッキーさんへ
宮田で北限となると、孟宗竹か真竹でしょうか?
飯島の竹は良いようです。
数年前まで取っていた竹林は、昔は京都の竹屋が
取りに来ていたと小耳に挟みました。
今はその竹林は、手入れが出来ないからと除草剤で枯らされてしまいました。
今取っている場所は、飯島で2カ所目です。
飯島で取らせて頂けるのも、飯島在住の生徒仲間のお陰です。

竹細工、楽しいですよー。
宮田在住の女性の竹細工の方が先生で、
ホンムネくん(でしたっけ?)で教室があるのを
数年前にネットで見かけました。
今もやっているのかはわかりませんが…。
古民家で竹細工を習えたら楽しいだろうなぁ。
2014/ 10/ 30 (木) 20: 59: 46 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
おはようございます
除草剤で枯れてしまった?枯らしてしまった竹林・・・我が家のすぐ近くのですかね

だとすると、あの竹林エライコッチャな予感がしています!
枯れた竹が林立する様は異様です

それからホンムネ君!今日行く予定です
竹細工教室の事聞いてみます
2014/ 11/ 02 (日) 06: 29: 24 | URL | タッキー # -[ 編集 ]
タッキーさんへ
タッキーさんの会社の場所、チェックしてみたら、
多分そこですそこ。細い川を渡って入る竹林です。
飯島といっても広いので、ビックリ。
枯らされてからは、行っていないのですが、異様ですか。
竹は腐りませんからねぇ。

ホンムネくんのサイトをみましたが、教室はやっているようです。
近くに教室といい竹があるなんて、うらやましいわ。

2014/ 11/ 02 (日) 08: 08: 56 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.