はぎれの鍋つかみ - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしはぎれの鍋つかみ

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2015年 01月 29日 (木) 12:04 | 編集
鍋つかみを4枚作りました。
2009年に作って以来です。(参照こちらこちら
とっくにヨレヨレになっていたのですが、
普段縫い物をしないので、
面倒くさくてずっと先延ばしにしていたのです。
今回は、耐久性を考慮して、薄い生地をなるべくさけて、
中央部にステッチを入れました。
紐はすべて袋織りの真田紐です。
前回の平の真田紐は、可愛いけれどあっという間に切れた。
商品名は同じ真田紐でも、耐久性が雲泥の差でした。

麻の鍋つかみ
鍋つかみ・18cm×18cm
もらった布なのですが、多分極厚のリネンだと思う。
手を入れて使います。かなり厚いです。
前回より大きくしました。


はぎれの鍋敷き表
はぎれの鍋敷き・14cm×18cm
上画像と下画像のリバーシブルになっていて、
↓反対面は青系になってます。
端切れの鍋敷き裏

今回、薄い鍋敷きはこちらを参考にしました。
雑貨屋に行けばかわいい鍋敷きも売っているので、
買っちゃおうかなーとも思ったのですが、
はぎれを使ってしまいたいので、グッとこらえました。
布の種類がものすごく少ないので、
布合わせに四苦八苦しました。
これが100円ショップに売ってても買わないかなぁ(汗)
でもやっぱり、自分好みの大きさで作れるってのが、
実用的なのよね。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.