㉙イーストのカンパーニュとフリュイ - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし㉙イーストのカンパーニュとフリュイ

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2015年 01月 30日 (金) 11:59 | 編集
㉙イーストのカンパーニュとフリュイ

昨日の朝はー15℃でこの冬一番の寒さでした。
今朝はー3℃で雪がシンシンとふり積もっています。
今年は全体的に暖冬ですが、雪が多い。。。

この先しばらく、パンを焼く予定が無く、
自家酵母種を起こしていないので、
イーストのカンパーニュとフリュイです。
イーストのカンパーニュは、
8月に一番最初にパンを焼いて以来です。
個人的には、イーストか天然酵母かよりも、
小麦粉の味の違いでの差が大きいなと思ってます。
E65とキタノカオリは好みの味です。
そしてやっぱりリスドオルを加えると、
皮がパリッと美味しくなります。
太郎が美味しいと、カンパーニュに何も付けずに、
そのままパクパクと食べてました。

今回はスチームを起こさず、
ボールで蓋をして焼きました。
窯伸びの良さとか、もっちりふんわり感は、
やはりスチームには負けるかな?
でも、普通の電子レンジオーブンなので壊れそうで(汗)

㉙イーストのカンパーニュ
カンパーニュ

㉙イーストのフリュイ
フリュイ 
適当にやり過ぎて、フルーツが偏ってます(汗)


E65(準強力粉) 200g
キタノカオリ 140g
夢世紀(中力粉) 60g
リスドォル(準強力粉)60g
はるゆたか全粒粉(強力粉)100g
ライ麦 25g
塩10g(小さじ2)
粗製糖 25g (大さじ3)
イースト6g
水 390g
※粉総量・585g 水総量・390g 加水率67%

■室温22℃水分は35℃。
捏ね6分位か。気持ち早めに捏ねを終えました。

生地の半分には、ドライフルーツを加える。
黒イチジク、カレンズ、クランベリー、オレンジピール 各20g
いつも各30gなんだけど、減らしすぎた(汗)

■発酵はストーブ前で。
一次発酵は30℃ 2時間(途中パンチ1回)
ベンチタイム20分
二次発酵 30℃ 40分

■焼成
オーブンをボールごと200℃で1時間余熱。
南部鉄のおやじの鉄板焼きを薪ストーブ上で250度まで温める。
生地を鉄板に乗せてボールで蓋をしてオーブンへ。
ボールで蓋をして200℃で14分
蓋を外して22分。


これはこれで良し。次回の改良点としては、
ドライフルーツはきちんとまんべんなく散らしょう、
ってこと位でしょうか。

Comment
この記事へのコメント
日常的になって来ましたね。
もうすっかり、パン焼きが特別ではなくなりましたね。
ご主人との二人の生活なので、ちょうど消費出来ていいですね。焼きたてだと美味しいので沢山食べ過ぎるでしょう?
下のナベ敷き、沢山作ったのですね。
真田紐がおかしい。私的には、この紐って、陶芸などの作品を桐箱に入れて、その上からかける紐です。
うちにいろんな巾のがあります。
思いつきもしなかった。こんどそういうのに使えますね。笑
2015/ 01/ 31 (土) 18: 43: 57 | URL | fran9923 # RV.Uo77k[ 編集 ]
franさんへ♪
パンを焼きはじめて半年、なんとか日常のリズムに組み込めました。
焼きたては、美味しいですねー。危険です。
パン党じゃないのでなんとか抑えてますが、
相当気をつけないと太りそうです。

真田紐は、確かに陶芸の桐箱を結んでありますよね!
私は手ぬぐいに縫い付けて、カフェエプロンの紐にもしてます。
http://cooneru.blog71.fc2.com/blog-entry-1663.html

幅広のものは、トートバッグの持ち手等にも使われたりするようです。
これは上田市のものですが、ネットで見ると京都などは色々な柄があって、
欲しくなります。
2015/ 02/ 01 (日) 16: 02: 21 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.