祖母の献上博多帯 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし祖母の献上博多帯

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2015年 02月 12日 (木) 12:00 | 編集
藤色の博多献上

練習してお太鼓が締められるようになったので、
単の短い帯で一重太鼓にしました。
父方の祖母のタンスから発掘してきた
藤色の博多献上帯です。
着物は母方の祖母の単のウールで、
ちとジミな組み合わせかなとも思うのですが、
父方と母方のコラボということで着てみました。
帯は私が発掘しなかったら、間違いなくゴミ箱行きだったな(汗)
これは活躍してくれそう。
三献上で、グラデーションになっていて、
細い4本の縞は、良ーく見ると白銀といぶし銀のラメ糸です。
織りっぱなしで両端の始末がされていなかったので、
よくわからないけど自分で千鳥がけをやってみました。

長さは3.8m位と短く、二重太鼓で結べなくもないのですが、
これは短い単帯なので、一重太鼓で締めるようです。
いやー、こういう疑問点をささっと調べられるネットって便利。
単帯で一重太鼓ってヘロヘロして頼り無さげなイメージですが、
意外と大丈夫でした。
ちなみに、帯枕は、タオルとガーゼと輪ゴムで自作してます。
体に添うし、寄りかかってもラクチンです。

それにしても、博多織って、伊達締めや半幅帯用の
気軽な織りかと思ってました。
博多献上は八寸帯でお太鼓でもいけるんですね。
普段締めるのにピッタリです。

Comment
この記事へのコメント
素敵素敵〜〜〜〜^ー^ とってもスマートな後ろ姿ですね〜〜  きれいな博多織り。私も祖母の家からたくさん着物と帯を持ってきました。 捨てるしか無いか? と思ったのですが、kumatoさんが興味をもったので。ひいばあさんがもってきたものがたくさんあって、 昔の柄や色が何とも言えず素晴らしい・・・・・  見ているだけでいいです。っていうか、私には小さすぎてきられません。笑
着物姿、とってもお似合いですね。
2015/ 02/ 15 (日) 05: 55: 16 | URL | tom # -[ 編集 ]
tomさんへ
お褒め頂いてありがとうございます。
なぜかスマートに写ってますが、実際はそんなことはございません。
くびれが無いので、補正なしで着付けております(汗)
この帯は思ったより良かったので、拾って来て正解でした。

ひいおばあさんの着物とはすごいですね。
明らかに明治、もしかすると江戸ってことでしょうか。
昔の着物はいいですよねー。着られないのは残念ですが、
何か小物でも作ったら素敵ではないかしらん。
2015/ 02/ 15 (日) 14: 52: 59 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.