㉚薪ストーブカンパーニュ成功 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし㉚薪ストーブカンパーニュ成功

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2015年 02月 18日 (水) 12:03 | 編集
薪ストーブで焼いたカンパーニュ

薪ストーブカンパーニュ

薪ストーブで焼くカンパーニュがうまくいきました♪
自家酵母を起こし中なので、今回はイーストです。
薪ストーブでは無理だなと思って早々に諦めていたのですが、
tomさんの薪ストーブパンを見て、リトライしてみました。
薪(おき)が沢山あると、火力が強すぎて焦げるので、
太い薪でストーブがしっかり温め、
おきがわずかになった所で細い薪を入れて、
こまめに温度調節してます。

薪ストーブで焼くカンパーニュ1
いつも下が焦げるので、薪は鉄板の下には置かず、
細い薪を脇に立てて置いてみました。
天板の上に鉄平石をおき、
焼きはじめには熱湯を注いでスチームを起こします。
やはりスチームがあると、縦に綺麗にふくらみ、
クラストはパリッとクラムはしっとりと焼き上がります。
焼成時はダンパーは閉じます。

薪ストーブで焼くカンパーニュ2
パンはおやじの鉄板焼きの上に置いてあるので、
焼きムラのないように、頃合いを見て鉄板を回してます。
今回はイーストで焼きましたが、
次は自家天然酵母で焼いてみよう。

香麦(準強力粉) 240g
ゆめちからブレンド 50g
エペ(中力粉) 50g
リスドォル(準強力粉)60g
はるゆたか全粒粉(強力粉)50g
スム・レラ(全粒粉・準強力粉)50g
ライ麦 25g
塩10g(小さじ2)
粗製糖 25g (大さじ3)
イースト6g
水 400g
※粉総量・585g 水総量・400g 加水率68%
  粉の種類が多いのは、余った粉を使ってしまいたいから(汗)

■室温20℃水分は32℃。
捏ね上げ温度は24℃でちょっと低めだったかな。
捏ね6〜7分位。気持ち早めに捏ねを終えました。
途中でパンチすることで、
ミキシングがちょうどよい感じになります。

生地の半分には、ドライフルーツを加え、フリュイにする。
黒イチジク、カレンズ、クランベリー、オレンジピール 各25g

■発酵はストーブ前で。
一次発酵は35〜40℃ 2時間(途中パンチ3回)
ベンチタイム20分
二次発酵 35℃ 40分

■焼成
薪ストーブなので火室温度は不明
クックトップ温度で250℃で
20〜25分程焼成。鉄板下側におきがあると、
下だけ強く焼けるので、横に寄せて立てるべし。

薪ストーブフリュイ
ドライフルーツ入りのフリュイ。

香麦は、窯伸びがよく香りが良くて扱いやすいけれど、
味は特筆する感じでもなく、
やはりE65の味がダントツで好み。
どちらの粉も、”春よ恋”と”きたほなみ”のブレンドなのにね。
全粒粉は、スムレラがお手頃価格でいい感じ。

今回はイーストですが、
自家天然酵母で作るとなると発酵時間が読みにくいので、
薪ストーブの状態のタイミングを合わせるのが、
難しいだろうなぁ。
発酵時間を安定させるために、元気のよい酵母種を作る事が
今後は重要になって来そうです。
こうして薪ストーブでパンが焼けるとなると、
冬が半年ある事がなんともうれしい。

Comment
この記事へのコメント
オ〜〜〜 さすが! きれいに焼けましたね! そうなのそうなの、パン作りができるとなると、もうすぐ(ここは・・・笑) 春になって、 ただで(光熱費なしで)パンが焼けなくなると思うと残念で・・・・・笑    来年の冬が今から楽しみ〜〜って言うのは言い過ぎ??  でも冬の楽しみができて本当に良かったです。      
2015/ 02/ 18 (水) 17: 27: 02 | URL | tom # -[ 編集 ]
tomさんへ
tomさんの美味しそうな薪ストーブパンを見ていなかったら、
諦めて挫折したままだったと思います。
ありがとうございます〜。
来年の冬が今から楽しみというのは、わかる気がします!
うちはまだしばらく、光熱費なしで楽しめそうです。
2015/ 02/ 19 (木) 11: 58: 44 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.