牡蠣と鹿肉のスモーク - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし牡蠣と鹿肉のスモーク

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2015年 02月 23日 (月) 12:02 | 編集
鹿肉・チーズ・牡蠣のスモーク

鹿肉・チーズ・牡蠣のスモーク3種です。
鹿肉と牡蠣の下ごしらえは私、スモークは太郎の仕事です。
いずれも長期保存が可能です。
チーズは定番で常備してますが、鹿肉と牡蠣はゴチソウです。
添えたウィスキーはお手頃価格の富士山麓。
ラフロイグや白州12年など、スモーキーフレーバーが強めの
シングルモルトが合うでしょうねぇ。買いに行こ。

牡蠣のスモークのオイル漬

牡蠣のスモークのオイル漬です。
後入れで自家製ニンニクも一緒に入れました。
半額になって162円×6パック分が、
500mlのweckに収まってます。
半額でも牡蠣&オリーブオイルで材料費が1000円以上なので、
我が家としては高級つまみの部類になります。

洗ってから5分程湯がいてから、
酒1:みりん2:醤油2の溶液で1晩漬け込み、
翌朝キッチンペーパーでよく拭いてから風乾。
低い温度(30℃以下)で1時間ほどスモークします。

湯がいた汁は、美味しい出汁が出ているので、
豆腐と麩と溶き卵、ネギを散らしておすましを作ります。
中華炒めのオイスターソース的にも使えます。


そして鹿肉をまた頂いたので、鹿肉ジャーキーです。
スモークの温度の立ち上がりで、低めで良い牡蠣をスモークし、
温度が上がって来た所で、鹿肉のスモークをするので、
ちょうど良い流れになりました。
牡蠣は30℃以下で40分〜1時間、
鹿肉は80℃で1時間半〜2時間程のスモークになります。

前回の鹿肉スモークは段取りの関係上、17、8時間ほどの風乾で、
パリッパリに乾燥しすぎてイマイチだったので、
今回は朝から風乾しました。8間程がちょうど良いので、
就寝前からの風乾でも良いのですけれど、
段取りの都合上で朝からの風乾にしました。

理想的なのは、午後2時頃にトリミングを始めて、
5時間〜8時間ほど漬け込み、
就寝前から風乾開始、翌朝スモークという感じかな。

今回のパターンBは、夕食準備前にトリミングを初めて、
そのまま1晩漬け込み、翌朝6時から拭き取り&風乾。
午後3時から4時半までスモークでした。
漬け込み液のアルコールは、ウィスキーの富士山麓。

スモークジャーキーを初めとする鹿肉料理のレシピはこちら
今回の鹿肉はかなり若い鹿なのか、
筋膜ごとにブロックに切り分けたら小さすぎて、
トリミングをすると使える部分が無くなるという感じで、
ジャーキーにするのには不向きでした。
この手の小さな肉は、筋膜はそのままで大きく切り分けて、
スジがトロリとなるまで煮込むシチューにするのが正解。
でも、ジャーキーが食べたかったのよん。


私ね、外呑みが大好きだったの。
ここで暮らしていると足が無く、
どちらかがドライバーになるので、外に呑みに行けなくなりました。
(街まで遠いのでタクシー代は半端ないです)
太郎ひとりのワガママでこんな不便な所に家を建てたせいで、
人生の楽しみを失ったとかなりやさぐれていたのですが、(苦笑)
こうしてうち呑みを充実させる事で、むしろ外呑みよりいい感じに。
人生ってわからないわよねぇ。

Comment
この記事へのコメント
充実してるね。
私も家のみ派です。
最近あまり飲めなくなったので面白くないのですが、料理自体が酒の肴そのものなので、人が来るとすごく張り切っちゃいます。
でもそろそろ潮時っぽいです。涙

牡蠣も鹿のジャーキーもチーズも素晴らしいわ!!
2015/ 02/ 24 (火) 19: 15: 43 | URL | fran9923 # RV.Uo77k[ 編集 ]
franさんへ♪
franさんのお料理は、いつも美味しそう=酒が進みそうで、
いいな、食べてみたいなと思いながら見ています。
特に海の幸系が美味しそうでたまりません。
鹿肉ジャーキーは好評ですが、少量しか作れないのが残念。
2015/ 02/ 24 (火) 22: 03: 11 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.