鹿に荒らされた庭 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし鹿に荒らされた庭

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2015年 03月 12日 (木) 12:00 | 編集
花壇の雪が解けた所に現れたのは、
チューリップの芽とムスカリの葉。
そのままでは鹿にすぐに食べられてしまうので、
ウルフピーをケースに注ぎ、
寒さでそれが凍って効果がなくても大丈夫なように、
出ている芽には、剪定した木の枝をかぶせました。

これで準備万端♪と思ったら、
木の枝はどかされて、チューリップもムスカリの葉も丸裸。
いままでは被害にあった事の無かった植物もやられました。
固いクリスマスローズの葉はちぎられ、
まだ芽の出ていない球根は掘り返されて食べられました。
ここまで荒らされたのは初めてです。
防御したのに!
腹が立って腹が立ってしょうがない。

齧り取られた芽
齧り取られた球根の芽。

食べられたクリスマスローズの葉
食べられたクリスマスローズの葉。

ムクゲの枝
ムクゲの枝の先は6割ほど食べられてます。

画像で全体を撮ってもわからないので、
一部だけ拡大して乗せていますが、
花壇のかなりの部分が荒らされてしまいました。
対処しないと、またやって来て全滅になってしまいます。
防御しても年々酷くなる鹿の食害。
丹誠込めて育てている植物をダメにされて、
仕方が無いと思える程にわたしの心は広くありません。
特に去年の秋は、春に花が綺麗に咲くように、
いつもよりがんばって手を入れたので本当に悔しい。

外が寒すぎるし落ち込んで庭仕事をしたくないので、
とりあえず花壇の石垣に、
ウルフピーをバシャバシャと撒いて、
まともなケアは後にしました
春にどのくらいの球根が残っていて咲いてくれるんだろう。

毎年毎年なんですよ。育てるたびにダメにされるのよ。
手を打ってはみるものの、やっぱりやられるのよ。
畑は電気柵をしていますが、引き倒されますしね。
ほんとーに悔しい。
鹿そのものがここに来た14年前に比べて、
爆発的に増えているように思います。
都会なら不審者が入らないように柵や門扉が必要ですが、
鹿が庭入らないように柵や門扉をつけなきゃいけないのか(涙)

Comment
この記事へのコメント
がっかり〜〜〜!!!
ホンットに腹立ちますね〜〜〜〜。
がっかり〜〜〜〜!!
なんとかいい方法があればね。
大きな柵ですかね。
なんだかな〜!
あ〜、くい散らされた植物達がかわいそう。
2015/ 03/ 12 (木) 18: 53: 18 | URL | fran9923 # RV.Uo77k[ 編集 ]
franさんへ
もうがっかりですよー。植物たちは長い冬を耐えたあとで、
鹿に食べられちゃうので可哀想です。
高山植物や山の木も鹿の食害がひどく、山の荒廃が問題になっています。

多くの人が困っているのですが、
景観を壊さないような良い方法は無いようです。
柵は、人間の方が家畜になった気分になるので(汗)
結構シュールだなと思っちゃいます。
2015/ 03/ 13 (金) 10: 13: 06 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
Sakiさん、

球根も新芽も鹿にやられたんですか!お庭の手入れや鹿対策の記事も読んでいるので、私もショックです。私の感覚では、今年の冬は鹿が多い様に思います。我が家もチューリップを去年植えたので心配です。
刑務所にいる様な高い柵は嫌だと思って来ましたが、どうやら現実になりそうな。。
鹿にはほんとうに困りましたね。
2015/ 03/ 13 (金) 11: 15: 44 | URL | Angela # -[ 編集 ]
Angelaさんへ
チューリップは、鹿のみならず野ネズミかなにかも食べるので、
最近はあらためて植えるのを諦めています。
植わっている球根が無くなったら終わりかな。

鹿は雪の多い年や寒さが厳しい年には、
冬越しをできなくて数が増えないと言うのが通説ですが、
去年も今年も、雪が降ろうと寒かろうと、
鹿の数が増えています。本当に困りました。
柵以外で画期的な対策方法が開発されると良いのですが。
2015/ 03/ 13 (金) 12: 10: 51 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
こんばんは
鹿の被害甚大ですね・・・
今お邪魔してるお宅も、今朝我々と交代で鹿が出没していたそうです。
そのお宅は、鹿避けのネットを敷地全周に張り巡らして、出入りするときはネットを開け閉めされてます・・・

山間のキレイな場所なんですが、芽吹いた草花は片っ端から食べられ、丸裸に皮をはがれた立木が所々に・・・

猟友会の人に頼むか、Sakiさん自ら駆除するか・・・?

我が家の辺りは、いまのところまだ大丈夫ですけれど、伊那谷も東山はホントに大変ですね・・・

春を知らせてくれる草花がやられてしまうって、ホントに悔しいですね
2015/ 03/ 13 (金) 18: 55: 51 | URL | タッキー # -[ 編集 ]
タッキーさんへ
うちも被害は同様です。
敷地全周のネットや柵が確実なのですが、
人間の方が家畜みたいでなんだか抵抗がありますし、
車の出入りも不便なので、極力避けたい所です。

近隣では罠をしかけ、鉄砲の音がしてますが、
なにしろ頭数が多いので間に合っていません。
いよいよ切羽詰まれば、私が罠の免許を取って自分でさばいて、
ジャーキーの販売をすれば良いのかも知れません(汗)
現実的にはかなりハードルが高いですけどね……
2015/ 03/ 14 (土) 21: 22: 37 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
こんばんは
今日の午後、いつものように仕事をしてました。すると突然、雷鳴のような轟音・・・鹿がスタタタ~~

直線距離で3~40mくらいかと・・・
しばらくしてから猟師のおっちゃんが二人、鹿を引きずって斜面を降りてきました

外したのかな?って思ったんですが、どうやら複数頭いた内の一頭仕留めたようで、猟師のおっちゃん上機嫌みたいでしたが、ものすごい近くでの銃声、すぐ近くには住宅、ちょっとビックリ&???こんなところで良いの?

いやはや山間の集落って事なんでしょうね~~

自分には、動物のとどめをさす度胸がないので、猟師にはなれそうもありません・・・(汗)
食べるのは大丈夫なんです。・・・
切羽詰まっていない人間ってのは都合のいいものです

2015/ 03/ 14 (土) 23: 36: 21 | URL | タッキー # -[ 編集 ]
タッキーさんへ
私も鹿の食害に悩まされるまでは、
美しい生き物の鹿に対して、
マイナスの感情を抱くとは想像出来ませんでしたよ。
もちろん、私も太郎もとどめをさす度胸は無いです。
現代人の暮らしでは縁がない事ですもの。

猟師さんに頑張って欲しい所ですが、爆発的な鹿の増加、
猟師さんの高齢化と減少を考えると、
いつまで人まかせでいられるのかなと考えてしまうのでした。

2015/ 03/ 15 (日) 20: 20: 55 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.