牛首紬と博多献上 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし牛首紬と博多献上

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2015年 04月 28日 (火) 12:08 | 編集
銀座結び

母から譲ってもらった牛首紬に、
祖母の博多献上を合わせたら、なかなかいい感じです。
単帯で、長さが短くて二重太鼓は少し厳しいので、
銀座結びにしてみました。
もうちょっと大きく結んだ方がバランスが良いかしら。
街を歩いていると、良い帯ねとか、
珍しい色味で素敵ねとお褒め頂きましたが、
私の博多献上のイメージって浴衣の半幅帯なので、
実は少し落ち着かないのでした。
※八寸の博多献上は通年締めて良いらしい
帯は3本のみで、比較的淡い色の帯がこれしか無いので、
愛用してますけどね。帯が欲しいよう。





この2つが簡単そうかな。
上の動画は仮紐1本。下の動画は仮紐が2本いります。
銀座結び=角だしのようです。
各種着付けは、youtubeで動画を拾って覚えてます。
自分向きの動画を見つけると、
目から鱗が落ちる感じで理解出来ます。

牛首の加賀梅染・博多献上

この着物は、牛首紬・加賀梅染とありました。
調べてみたら草木染めなんですね。
墨流しになっていて、私には渋すぎるかなと思いましたが、
合わせてみたら大丈夫でした。
着物ってホント、合わせてみないとわからないわね。
裄が67cmが自分サイズなのですが、
これは68cmなので、少し長め。
帯留めは、私が中学の頃に母が買ってくれたカメオです。
ずーっと使う事無く大事にしまっていたのですが、
ブローチが帯留めになる金具のお陰で日の目を見ました。
つまり自分で買ったのは、帯締めと帯揚げだけ。


実はこのこの牛首紬は、収納時にグチャグチャに折れて、
かなり強いシワがついていました。
私が救い出さなかったら、ずっと皺くちゃのまんまで
タンスの肥やしだったのかと思うと涙が出ます。
牛首紬って伝統工芸品にもなっていて、
私には手が出せるようなシロモノではありません。
2017年1月追記;今の証紙とは違いますが、白山工房のものだと判明。
デパートの物産展で織元の人と話ができたのでした。



図書館で借りたこちらの本を参考に、
丁寧にアイロンをかけて復活しました。
アイロン以外はあまり有用じゃなかったので、
購入はしていませんが。


そして、なんとかしなきゃいけないことがもう1つ。
裏地のみが縮んで、裾が袋になっています。
直しに出すと高いですし、自分で直すのも面倒(涙)
でも、せっかく良い着物なので、直しに出した方がいいかな。

さて、着物ネタが増えて来ました。
記録として後でチェックすることが多いので、
自分で検索しやすいように着物カテゴリを設けました。
和装デビューは2007年7月。もう8年経ったのかぁ。
月日が流れるのはあっという間ですね。

Comment
この記事へのコメント
こんにちは
着物姿のSakiさん素敵ですね~~(って言っても洋服のSakiさんも知らないんですが・・・^^;)

着物をシュッと着られるってやっぱ素敵ですね!女房殿も結婚前は着付け教室に通っていたはずです&着物を持ってるのに、着てるのを見た事ありません・・・www

2015/ 04/ 28 (火) 18: 08: 13 | URL | タッキー # -[ 編集 ]
タッキーさんへ
普段は作業する事が多いので、基本的にジーンズです。
着物好きなので、タッキーさんと同じ地区の、
Yさんの奥さまの織った反物に憧れています。
最近、考古学の方でお忙しいようですが…

私が持っているのは普段着系の紬ばかりなので、こうして着ていますが、
礼装に近いような訪問着や紋付の色無地などは、
茶道でもやっていない限り、まず着る機会はありません。
奥様は私のような普段着系を持っていないだけで、
礼装系の良い着物をお持ちなのではないでしょうか。

卒業式や入学式に着る機会があると思いますので、
そういった時に奥様に、リクエストしてみては?
タッキーさん、惚れ直すと思いますよー。
2015/ 04/ 28 (火) 22: 01: 34 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.