秋の黄八丈 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし秋の黄八丈

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2015年 10月 27日 (火) 12:00 | 編集
秋の装い

母からもらった黄八丈で秋の装いです。
紅葉をイメージした帯合わせにしてみました。
本場黄八丈は伝統工芸で、手紡ぎ、草木染め手織りで、
希少性が高いので、普段着の格なのに高価です。
とてもとても、私には手が出ません。
母は身長が165cmで私より3cmほど背が高いくらいなので、
お直しせずに着られるのはラッキーです。

帯留めは、先日購入した卵殻です。
もうね、思った通りにぴったりで太郎も褒めてくれました。
こういう帯留めなどで遊ばないと、
格子や縞の普段着系の着物ってうっかりすると、
一昔前の田舎のおばちゃんの野良着になるので、
それなりに気を使います。
過去画像より卵殻帯留
卵殻帯留

秋の装い
帯は洒落袋帯を銀座結びにしました。
実はこの帯はスワトウ刺繍帯なのですが、
普段着の格である格子柄とは合わせられません。
この帯を買ったリサイクル店でアドバイスをいただいたので、
裏の無地を使ってみました。
帯が痛みそうですが、たまになら大丈夫でしょう。

スワトウ
過去画像より本来の表のお太鼓はこんな感じ。
スワトウ刺繍に手描友禅で色が入ってます。

この姿で、太郎と一緒に、諏訪大社の秋宮へ行って、
ご祈祷をお願いしてきました。
太郎のストレートネックの平癒祈願(笑)
病名を書く欄があったのですが、祝詞で読まれるのかと思うと、
どうも違和感があって、空欄にしました。
バランスが崩れて気が滞っているのでしょうから、
広い意味で病気平癒ということでいいはず。

太郎はここしばらく、ストレートネックで左肩の痛みがひどいのです。
パソコンもスマホもやらないのに?と思ったのですが、
就寝時に、ネルが左脇にいて無理な体勢で寝ているので、
体が歪んだんじゃないのかなー。仕事も忙しすぎるしね。
一応整体をやってるみたいですが、
痛みが消えるまでは時間はかかるでしょう。
でも、病って自分の生活を見直す良い機会なので、
決して悪いことばかりでは無いと思うのよ。

Comment
この記事へのコメント
きゃ〜 素敵素敵。 とっても良くお似合いです。 姿勢もいいし、 秋の紅葉のなかによく生えるわ〜 この格子の着物、 全然田舎のおばさんぽくないですよ。色も柄もとっても若々しい!  私は着物は七五三以来来たこと無いのでうらやましいなあ。(私、170くらいあるので、特別に作らない限りないし)  帯も自分で結んで偉いなあ。 この帯の柄も色も素敵ですね。   
太郎さんもお大事になさってください。 オステオパシーとかがいいと思うけれど、良い人探すのが大変ね。 首を暖めるのは必須。 
2015/ 10/ 28 (水) 16: 04: 13 | URL | tom # -[ 編集 ]
tomさんへ
お誉めいただいてありがとうございます。
顔が見えないけどねー。
黄八丈っぽい柄って、時代劇では明るい赤い帯を締めて、
町娘が着ているので、確かに若々しいイメージなのかも。

おぉ、tomさんって170cmなんですか?
背が高かったとは記憶していますが、数値は記憶してませんでした。
でも肩幅が狭くて、手が長くなければ普通の反物でもギリギリいけるかも。
お写真を見る限りでは、手が長くて美しいので、紬などの粋なお着物が似合いそう!
最近は背の高い女性も増えて、布幅のあるクイーンサイズの反物もあるので、
そんなに難しいことではないかもしれません。
帯は、前結びなら見ながら締められるので、慣れれば簡単です。
本当に、慣れです。今の時代は動画があるから便利なのですよ。

オステオパシーが近くにないか調べてみます。
首を冷やすなと何回か言っても、妻の言うことは聞き入れてくれません。
そういうことに無頓着が故に、症状が出てるんだけどねぇ。困った人です。
2015/ 10/ 28 (水) 17: 55: 56 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.