船の木彫の爪楊枝入れ - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし船の木彫の爪楊枝入れ

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2015年 11月 25日 (水) 12:13 | 編集
爪楊枝入れ

亡くなった祖父の遺品の中から持ち帰って、
20年以上ピアス入れとして使っています。
これは大きさ的に爪楊枝入れでしょうか。
タバコの箱くらいの大きさです。

帆船の爪楊枝入れ

帆船が彫られています。光をあてると色が綺麗に見えますが、
実際に目にすると、もっと地味な色調です。
素朴で味わいのあるこういうものが、好きです。

布は、太郎祖母の遺品です。元は帯だそうですが、
太郎母が飾っていたら紫外線で劣化して、
縦糸が切れて、10〜20cmほどに短くバラバラになってしまったものを、
譲ってもらいました。木綿かな?
ちょっとした下敷に使ってます。
もとの帯は幅14.5cm長2.7mとやたら短いのですが
どうやって使ってたんでしょう。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.