コブシの剪定 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしコブシの剪定

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2015年 12月 14日 (月) 12:00 | 編集
コブシの枝

庭のコブシを剪定しました。花はもちろん葉も綺麗ですが、
冬枯れの枝ぶりも好きな木です。
ちなみに、剪定は私の仕事です。
例年なら厳冬期は避けて3月の終わりころですが、
今年は比較的暖かいので、12月半ばに剪定をしました。
本当は11月半ばくらいがベストなのかもしれません。
極寒冷地で一般的な剪定時期は参考にならないので、
試行錯誤中です。

脚立では届かないですし、側枝がしっかりしてきたので、
木登りしながらの枝払いです。
木登りなんて、小学生の時以来ですが、
アラフィフになっても、登れるもんなんだなぁ。

剪定後のコブシ

剪定してかなりすっきりしました。
コブシって同じ高さで車輪のように側枝が何本も出て、
混みやすいように思います。
剪定前の画像はないのですが、
太い側枝を根元から4、5本は落としたでしょうか。
木の様子を毎年チェックして、必要に応じて1、2年ごとに剪定しています。
大きくなら無いように上を止めたり、
密になりすぎると病気や虫がつきやすくなるので透かしたりします。
まともな樹形にしようと思ったら、苗木の時から剪定が必要です。
枝が太くなって邪魔になってから剪定するようでは、
素人では手に負えなくなりますし、
みっともないというか痛々しい形になっちゃいます。

コブシは10mまで大きくなるのですが、
いま10年目で6mくらいでコントロールできています。
問題は、枝ぶり優先で強く剪定した年は、
花芽のついた側枝を落とさざるを得ないので、
花が少ないことでしょうか。
来年は、弱剪定で花芽を残せるでしょう。
枝先の剪定するのに、植木屋さんが持っているような、
高さのある三脚梯子が欲しい!!!!
スライド梯子と竹竿でのこちらこちらの方法もあるようだけど、
自分がやる自信はないわ。

私の剪定バイブル。


クリスマスまで10日ですね。
ここ数年、太郎が忙しすぎてクリスマスをやる感じではないのです。
休日出勤も多くて家でゆっくり過ごすことがありません。
飾りつけしても、どうせ家ではテレビを見て寝るだけ。
コミュニケーションが取れないのに、クリスマスも何もありません。
こんな12月は、なんだか虚しい気持ちになっちゃいます。


Comment
この記事へのコメント
剪定は難しい。
上手に剪定出来るのですね。
私の家には、ミモザとハナミズキと夏椿があるのですが、適当に切っていたら、とんでもない形になってしまいました。笑
今頃わかってももう遅いのですが、花が咲く頃になると、どよ〜んとしています。
2015/ 12/ 15 (火) 13: 16: 27 | URL | fran9923 # B0oqxU4s[ 編集 ]
franさんへ
この本のおかげで、剪定が出来るようになりました。
基本のルールさえ押さえれば、わりと応用が利きます。
何年もかかると思いますが、いい姿に復活させることも可能なんじゃないかしら。
剪定を覚えるとなかなか楽しいです。
DIYがお得意なfranさんなら出来るんじゃないでしょうか。
私も剪定が出来るようになるまでは、
カッコ悪い木を見てどよーんとしてました(汗)
2015/ 12/ 15 (火) 17: 01: 17 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.