雪のない1月の庭・アナベル - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし雪のない1月の庭・アナベル

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2016年 01月 14日 (木) 12:00 | 編集
冬枯れのアナベル

新しい年を迎えた標高1000Mの高原。
雪もないままの1月です。
比較的穏やかとはいえ
氷点下9℃までは下がっています。

北庭のアナベルです。軒下にあるので、
いつもなら落雪で折れてしまうのですが、
綺麗に残ってくれています。
雪はなくても、霜柱がすごい。

***
トップページ画像を差し替えました。
正月は実家に行っていて10日に家に戻ってきたので、
更新が遅くなってしまいました。
ちなみに、実家でゆっくりしたというわけではなく、
呉服関係の店を30件以上見て回ってたので疲れた。
銀座、人形町、六本木、青山、新宿、池袋、川越。。。
次回も覗こうと思った店は5件くらい。

この冬は雪が降っていませんが、
冷え込みがそれなりに厳しくなってきました。
雪のないまま冷え込むと、植物が寒さでダメになってしまうので、
雪が降って雪の布団が用意されるか、
寒さが厳しくないまま春になるか、どちらかであって欲しいところ。
このまま-15℃まで下がったら困る。

アナベルは、綺麗なものを収穫して、秋のうちにドライにしてあります。
ほとんどは花が痛んでいたので剪定して土に返してしまいますが、
冬枯れを楽しむために数本だけ残しておきます。
春になったら、30cmくらいで高さを揃えて剪定すると、
また綺麗にこんもり芽吹いてくれます。

アナベルのドライ
過去記事よりドライアナベル・2015年10月

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.