ー8℃で雪化粧・鬼くるみパン - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしー8℃で雪化粧・鬼くるみパン

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2016年 03月 01日 (火) 12:00 | 編集
雪化粧

標高1000Mの高原の3月は、
まだまだ冬真っ盛で、
1日の朝は氷点下8℃の寒さに、
うっすらと雪化粧です。
春はまだ先で、梅が咲くのは4月半ば頃。

そんな中でも雑草は青々としていますが、
地面がカチカチに凍っているので、
抜くことが出来ず、もどかしいったら。

***
トップページ画像を差し替えました。
画像に写っているのは、まだまだ休眠中のコブシの木です。
明後日は桃の節句ですが、あんまりにも冬なので、
月遅れの4月3日でいいでしょう。
そろそろ、お雛様出すかなぁ。

鬼胡桃いりフリュイ


黒イチヂク、カレンズ、オレンジピールでいつも焼くフリュイに、
(ドライフルーツ入りカンパーニュ)
家の前で拾った鬼くるみを入れました。
鬼くるみは割るのも実を取り出すのも大変なので、
滅多に食べません。

薄くスライスしてトーストしてバターを塗れば、
カリッとラスクかビスケットみたいですし、
厚く切ると、モチっとした食感が楽しめます。

私は普通のカンパーニュだけでも良いのですが、
太郎がフリュイも食べたいというので、毎回両方とも焼きます。
フリュイは、オレンジピールが肝なのですが、
買うと高いので、低農薬やノーワックスの柑橘で作って、
冷凍してあります。
この手のパンって店で買うとびっくりするほど高いんですよねぇ。
粉は色々と試してみて、北海道産をメインにしているのですが、
原材料費、計算したことないわ。結構行ってそうで怖い(汗)
薪ストーブで焼いているので、電気代やガス代はかかってないのが、
唯一の救いかもしれません。

Comment
この記事へのコメント
まあ、美味しそう!!
これにちょっとワインがあったらパーフェクト!
フリュイ沢山くるみやピールが入って、贅沢ですね。
鬼くるみ、まず割るのが大変でしょう?
実は少ししかないのに取り出すのは手間仕事ですね。
2016/ 03/ 02 (水) 17: 46: 16 | URL | fran9923 # RV.Uo77k[ 編集 ]
franさんへ
朝ごはんなので、ワインはさすがにね。
ハムとチーズがあってランチなら、絶対にワインよね。
フリュイ、贅沢でしょう?
亭主関白の太郎のリクエストなので、仕方なく焼いてます。
特にうちの鬼くるみは、割ってみると大体半分は痛んでダメなので、
本当に面倒なんですよ。今回は太郎に割ってもらいました。
2016/ 03/ 02 (水) 19: 23: 39 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.