春の西庭の花 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし春の西庭の花

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2016年 04月 11日 (月) 12:00 | 編集
西庭

西庭1

西庭2

3月終わりの西庭から2週間ほどが過ぎ、どんどん賑やかになります。
とはいえこの西庭だけの話で、他は咲いていません。。。
どれも宿根草ばかりで、今年の新顔は、
原種チューリップのアルバコエレアオキュラータ。
1球286円という高い球根でしたが、
地味すぎてうちの春の庭では埋没してます。
山野草でもここまで地味な花ってそうそう無いと思う。

原種チューリップ・アルバコエルレアオキュラータ
原種チューリップ・アルバコエルレアオキュラータ

シラーシビリカ
シラーシビリカ
春の花で一番好き。紫の入らない綺麗な濃い青です。
こぼれ種でどんどん増えていますが、
花をつけるまでは2、3年かかるかな。

プルモナリア・ブルーエンサイン
プルモナリア・ブルーエンサイン
株分けでよく増えます。

チオノドクサ
チオノドクサ ブルー系とピンク
他に、大きなピンクジャイアントという品種も植わってますが、
そちらは大きくて好きじゃない。

ミニ水仙ティタティタ
ミニ水仙ティタティタ
こちらもよく増えます。

ヒヤシンス
ヒヤシンス
数年前に水栽培で失敗して花が咲かなかったものですが、
地植えにして2、3年でここまで復活。

プスキニア
プスキニア

クリスマスローズ・ニゲル
クリスマスローズ・ニゲル
白からピンク色に変化しました。このあと緑色になります。

やっとコブシが咲いて、春が始まりました。
杏や梅は蕾が膨らんでそろそろ咲きそうです。
それでも今朝はあられが降りました。
5月でも氷点下になることがあるので、
植物が育つには、本当に厳しい自然環境です。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.