着物を着る - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし着物を着る

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2016年 05月 17日 (火) 12:00 | 編集
浴衣が着られるようになって9年で、
半幅帯でウール着物を着られるようになって6年。
絹の紬にお太鼓を結べるようになって1年ちょっとで、
まだまだ駆け出し。
母の着物がタンスの肥やしというのが、
あまりにももったいなくて、ネットと本で着付けを覚えました。
あるものを生かすという気持ちからなので、
母が着物を持っていなかったら、
浴衣どまりで着物までは縁がなかっただろうなぁ。
母とサイズがほとんど同じなのも幸いでした。

古くて安いリサイクル着物を、センス良く着こなしている方、
希少な工房物の高い着物がターゲットの、着物愛好家の方。
茶道をやる方。それぞれ方向性が違うんですよねー。
私は、母の着物を私に似合うように着こなさないといけないので、
意外と難しかったりします。
母の着物に母の帯を合わせると、一昔前であんまりにもダサいので、
キレイめのリサイクルきもの店で新古品の帯を買ったり、
小物を今風のものにして、出歩けるレベルになるよう調節しています。
帯揚げと帯締めは結構大事だと思う。

呉服屋や東京の百貨店、きれいめリサイクル着物店など、
色々と実店舗をまわって慣れてくると、
オークションやネットは、私にはやはり難しい気がします。
でもいずれにせよ、買って着てみて勉強するしかないので、
どうしたってお金はかかります。
500円1000円と安いリサイクルショップがありますが、
体の小さな人はともかく、身長162cmの私が、
古いサイズのものをおしゃれに着こなすには技やセンスがいるので、
金銭面以外でのハードルが高い(汗)


著者の横森さんは、比較的お金をかけずに着物ライフを送ってますので、
オススメの1冊です。こういうセンスは好き。
この方の2010年10月の新聞コラムに、「着物をもっと気軽に」
とあったので、その日から着物を着るようになったという。
浴衣は着られても、着物はまだ無理だと思ってたのですよ。
下の2番目の画像がその時に着てみたものです。(過去記事参照

浴衣
2007年7月・初めての浴衣。
ユニクロで購入。確か帯とセットで2980円だったような。

ウール着物
2010年10月・初めての着物。ウール着物にポリ半幅。
裄(そで)が短いので、この後自分で縫い直しました。

秋の装い
2015年10月・黄八丈に紬の袋帯。
15年には、お太鼓や銀座結びが出来るようになりました。
ウールも黄八丈も、どちらも母から譲ってもらった着物です。


雑誌なら七緒が好みです。
2、3冊持っていますが、これが一番役に立った。
本に関しては、いきなり買わずに、
図書館でチェックすることをオススメします。

着物に関しては、まず何より、好きな物、着たい物を着るということです。
母の着物はたくさんありますが、私が持ってきたのは、
好きな物、似合いそうな物限定です。
好きこそ物の上手なれだと思うんですよねー。
着付けのあれこれなんてあとからついてくる物であって、
まずは着物を着てみたいという気持ちじゃないかしら。
今はネットで着付けも覚えられるし、リサイクル着物のお店もあるので、
女性はもちろん、男性にももっと着て欲しいです。

浴衣の着付けに続く。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.