6月に2℃・セージの花 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし6月に2℃・セージの花

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2016年 06月 03日 (金) 13:37 | 編集
セージの花

標高1000Mの高原も6月に入り、
初夏の花の美しい季節です。
本来は乾燥して雨の少ない地域ですが、
ここ数年は、雨も多く蒸し暑く、
高原らしい気候ではなくなってきています。
でも今年は、カラリとして高原らしい6月の予感。

青空に映える、セージの紫色の花。
夏バテになったら、葉をてんぷらにして、
そうめんと一緒に食べます。

***
トップページ画像を差し替えました。
ここのところ朝晩が寒いなーと思っていましたが、
今朝の最低気温はまさかの2℃
昨日の夕方にご近所さんから、
3日は霜が降りるらしいと聞いていたので、
夜のうちに夏野菜の苗を太郎が保護してくれました。
今年は春の訪れが早く、いつもなら5月半ばに降りる霜が、
降りなかったのですよ。やっぱ寒の戻りはあるのね。
冷え込んだものの、幸い霜は降りなかったので、
庭も畑も植物たちは全部無事でした。よかったー。
霜に関しては、保護出来るものはわずかなので、
天まかせです。

セージは、こぼれ種で出てきたものです。
うちの庭では、イングリッシュラベンダーやセージなどは、
数年経つと元気に育っていたと思っても、
いきなり枯れてしまいます。
セージって花も可愛いのですが、葉の色が好き。
30年ほど前の美大浪人時代から絵の具のセージ色が好きでしたが、
まだハーブなんて一般的じゃなかったので、
どんな植物か知りませんでした。
今は、庭では欠かせないハーブです。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.