夏野菜味噌炒め常備菜 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし夏野菜味噌炒め常備菜

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2016年 08月 13日 (土) 12:00 | 編集
夏野菜味噌炒め

畑の夏野菜の消費メニューが続いてます。
ナスとピーマンとズッキーニを、
細かく刻んでごま油で炒めて、
味噌と砂糖とみりんで味をつけます。
和風ラタトゥイユという感じ。
大量に作って味濃いめにして、数日間分の常備菜になります。
これはご飯やそうめん、冷酒のお供にぴったりなのです。
今年は夏バテが激しいので、
生姜を気持ち多めにしてみました。
普通のラタトゥイユも作りますよ。
夏はこんな感じで、常備菜と保存食作りに追われています。

手作り味噌
味噌も大豆から手作りです。
白いのが今年春に仕込んだ新味噌。
まだ早いのですが、一応食べられるレベルにはなってます。
濃いのは3年もの。
明らかに気候が変化して夏の気温が上がったので、
床下での味噌の維持管理が難しくなってきました。

以前はエンレイという品種の大豆でしたが、
倒伏せず育てやすいタチナガハという品種に、
数年前から太郎が変えました。
これがね、大豆の味で味噌の味も全然違うのよ。
私はエンレイの方が好みですが、育てる太郎は育てやすさ優先。
うーん、私好みの味で育てやすい品種はないのかしらん。

Comment
この記事へのコメント
私も味噌を来冬は仕込んでみようと思ってみます。少しずつ和食の回数を増やそうかと。 今までは帰国のたびに500g買ってそれでも余るくらいだったのですが。 大豆は、 枝豆しか育てていないので、大豆から育てるのは??? お二人に必要なお味噌を仕込むのに、大豆はどのくらい植えていらっしゃるか教えていただけますか? 面積広く植えないといけないとやっぱり買うしかないかな???
2016/ 08/ 14 (日) 05: 06: 57 | URL | tom # -[ 編集 ]
tomさんへ
うちの畑の場合、自然農無農薬なので、
豊作と不作の差が大きい状況ですし、あくまでもうちの場合です。
3デシリットル(300cc)、約700粒の大豆から、
平均して3kgほどの大豆が収穫できます。

味噌を作るのに向く品種は、枝豆で食す早生種ではなく、
秋大豆という晩生種です。

うちは米麹と麦麹を多く入れたレシピの味噌なので、
3kgの乾燥大豆から13kgの味噌ができます。
http://cooneru.blog71.fc2.com/blog-entry-2236.html
うちは生麹しか使ったことないので、海外で味噌を仕込む場合は麹をどうするのか、
わからないのですが・・・。

逆算すると、大さじ2杯約50粒の大豆を植えて、乾燥大豆230gを収穫して、
生麹340gを加えると、味噌が1kgできるという感じですね。
tomさんたちが1年で何キロ食べるか不明ですが、
1kgの味噌のために50粒の大豆を植えると思えば、
栽培面積はさほどいらないかと。

うちも味噌をあまり使わないので、13kgの味噌を作ったら4年は持つので、
大豆の栽培&仕込みは3年ごとというペースです。
これ書いてて思ったんですが、毎年100ccの大豆を植えて、
1kgの乾燥大豆を収穫して4.3 kgの味噌を仕込めばいいのか!
我ながら、なんで3、4年分仕込んでるんだろ?
2016/ 08/ 14 (日) 10: 03: 14 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
わ〜〜〜 詳しい説明を有難うございました。 あまりに詳しくて目が点になった! さすがきちんとしたSakiさん。 有難う! 13kgも作ったらすごい量ですよね、リンクの記事前に読んだことがあります。 すごいなあと思った覚えが。 今は、早生種と晩生種、両方のあくまで枝豆用の品種を植えています。でも合計で30本ないと思うのです。 それで大体土地の見当が着きました。 わかりやすい! 大豆って、植物大きくなる割にはあまり量は獲れなくありません?  まだ使っていない土地もあるので、来年はkumatoさんにお願いしてそこも耕してもらって植えてみようかなあ、 と改めて思いました。 来冬はとりあえず手に入る大豆を買って、 味噌作り始めてみようかと思います。 生麹はヨーロッパで作っている人がイギリスにもスイスにもいるみたいなので、そこから取り寄せか、 乾燥麹を持ってきてやろうと思います。 それがうまくいってから大豆を植えるか???  
本当にありがとうございました。
2016/ 08/ 14 (日) 20: 05: 13 | URL | tom # -[ 編集 ]
tomさんへ
記録は残っていたので、計算しただけなのです。
というか、こういう計算をするために記録してたのに、
大豆を育てるのは太郎なので、すっかり忘れて放置してました。
株が30本だと、味噌にする量ではなさそうですね。
来年ぜひトライしてみてください。
大豆の収量は確かに、枝葉の量からすると少ない気がします。
農薬を使うと、多分それなりに収穫できるんじゃないかしら。
生麹がイギリスやスイスにあるとは、すごいですねー。
イタリアでの自家製味噌、楽しみです。
2016/ 08/ 16 (火) 09: 26: 05 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
こんちは。
お二人の会話がすごいわ!
ぜひtomomatoさんもイタリアで自家製味噌作ってくださいね。
Sakiさんも本当にちゃんとしっかり記録を残してるってすごいです。
横からごめんなさい。
2016/ 08/ 16 (火) 18: 30: 57 | URL | fran9923 # RV.Uo77k[ 編集 ]
franさんへ
イタリアでの自家製味噌のtomさんの記事が楽しみですよね。
どれだけ植えてどれだけ採れたか覚えていられないので、
経験値が積み重なるまでは、こうして記録を残してないと、
去年どれだけ植えたっけ?となって困るのですよ。
今は経験値が身についてるので、大丈夫なんですけどね。
横から、大丈夫です♪
2016/ 08/ 17 (水) 08: 50: 53 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.