砥石 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし砥石

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2016年 11月 03日 (木) 12:03 | 編集
砥石

我が家の砥石です。上から
荒砥石
金剛砂を固めたもの、ダイヤ150&600×2枚、アトマエコノミー中目(400)、ダイヤ500

中砥石
ダイヤ800、キング1000×2枚、セラミック1000、シャプトン1000

仕上砥石
北山8000、嵐山6000、産地失念の天然砥石、祖父の砥石2枚(天然&キング中砥)

我が家の砥石勢ぞろい。太郎、祖父次郎、私の、と3人分の砥石です。
太文字が今後私が使うからとキープした砥石です。
燕三条で、田斎の切り出しを買ったとき、
太郎が砥石のことも聞いてました。
そこで早速新たな砥石を買ってみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャプトン M5 オレンジ 【daily-otokunatsu0814】
価格:2074円(税込、送料別) (2016/10/31時点)





中砥のシャプトンの1000番と、
戸面直し用のアトマのダイヤモンド中目(400番)です。
す、すごくいいっ。
今までキングの1000番を使ってましたが、水につけとくのが面倒。
こまめに研いだ方が良いとわかっていても、
面倒臭がり屋の私には、これがハードルになってたのです。
シャプトンは水を垂らすだけで使えるので、まだ気楽です。

そして、砥石が違うだけでここまで違うかなーというくらい、
シャプトンは力を入れなくても研げます。
私の技術、刃物、砥石の3点の相性が合うと研ぎがラクですが、
相性が合わないと、本当に研げないからなぁ。
今まで、うまく研げなくて困ってた刃物も、
シャプトンを使ったらマシになりました。ブラボー。
(マシになっただけで、研ぎはうまくない 汗。)
戸面直しも、今までは中砥2枚でやってましたが、
アトマエコノミーでやるとばっちり。

美大浪人時代に知りましたが、
技術を補うのは、自分に合ったいい道具です。
見つけるのが難しいんですけどね(汗)
研ぎに関しては、研ぎにくい砥石があるのは確かですが、
あくまでも研ぐ技術の問題であって、
砥石を変えることで研ぎがラクになるとは思ってなかったので、
今まで真剣に探したことなかったのでした。
これは目から鱗だわ〜。

Comment
この記事へのコメント
いろいろありますねぇ
私の場合は台所用の包丁とナイフだけなのですが、
包丁砥ぎに出しても、費用の割にはすぐ切れなくなるし、
自分で砥いだ方がいいかとホーム砥石(多分キング)
を生協で見つけ、長いこと使っています。

でも、ちょっと(だいぶ)砥石が磨り減ってきたし、
砥ぎに出す費用を考えたら、新しいのを買っても
いいなと思っていたところでした。

同じタイプで買い換えてもいいやと思っていましたが、
こちらを見て、ちょっと調べてみたくなりました。
砥ぐ技術はあまりないんですけど(大汗)。

sakiさんの「暮らしの道具」にはお世話になること多し!
ありがとうございます。
2016/ 12/ 01 (木) 10: 29: 52 | URL | アルフ # i9vITAnQ[ 編集 ]
アルフさんへ
シャープナーを使う方が多いかと思いますが、
アルフさんは砥石で研がれるのですね。
研ぎがうまくなると、長く切れるのでしょうが、
私もイマイチ下手なので、
安物のステンレス包丁なんか、こまめに研がないとダメです。
いい和包丁が欲しい。

水に浸けておかなくていいというのは、想像以上にラクですし、
研ぐ技術がなくても、比較的研ぎやすい砥石というのがあるんだなー、
というのが実感です。
砥石はそうそう買い直すものでもないので、この機会に検討してみてください。
2016/ 12/ 01 (木) 11: 05: 38 | URL | Saki # p7kNwp6A[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.