江戸小紋のショール - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし江戸小紋のショール

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2017年 05月 18日 (木) 12:06 | 編集
江戸小紋のショール

日本橋の三越で、江戸小紋の大判のシルクショールを見つけました。
着物を着る時に、何か羽織る物が欲しくて
プレタのレースの薄羽織にするつもりでしたが、
羽織だと常に着ていることになるので、
ショールの方が不要な時は仕舞えて便利です。
冬もウールの大判ショールで防寒してますが、
大判ショールだと、洋服の時にも使えるのが良いのです。

鮫小紋
好みど真ん中の綺麗な色に一目惚れ。
まさか江戸小紋だとはおもわず、店員さんに説明されてびっくり。
若い伝統工芸士で、広瀬染工場の4代目の雄一さんの仕事で、
comment?(コモン)というシリーズです。(参照
よーく見ると私の好きな鮫小紋です。江戸小紋は持っていないので、
これが初江戸小紋。

鮫小紋
工場のパンフの鮫小紋。
動画もありました。



色違いのイエロー&グレーのほうが顔映りがよかったのですが、
私の手持ちの着物とは合わない色だったので、
こちらのブルーを選びました。
2枚ともいただくわ♪と言えたらいいんですけどね(汗)

基本的に私って10代の頃から地味好みだったのですが、
年を重ねて来ると、地味なものだと顔映りが悪いので、
綺麗な色を探すようになりました。
伝統工芸の技を使いつつ、着物にも洋服にも使える
こういう綺麗な色の物を出してくれると本当にうれしい。

ショール取り扱い
自宅で洗えるのもポイント高い。
持ち帰る時にシワがついてしまったので、
下記の本に乗っていた方法でアイロンをかけました。
着物を何枚もこの方法でアイロンかけてますが、
少々手間はかかるもののかなりいい感じです。
熱も圧力もかけず、アイロンのスチームや霧吹きも使いません。
シワに蒸気を当てて、ぷっと膨らませる感じです。



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.