シャクヤクとクレマチス - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしシャクヤクとクレマチス

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2017年 06月 23日 (金) 12:00 | 編集
シャクヤク・滝の粧
滝の粧

シャクヤク・ポールオブビューティ
ポールオブビューティ

シャクヤクが咲きました。
ポールオブビューティは一気に満開。
少しづつ咲いている滝の粧は、咲き始めはピンクですが、
完全に開くと白になります。
実は滝の粧の後ろには、かぐや姫という品種が植わってますが、
株が弱ったようで去年は全く花芽をつけず、
今年は1輪だけの蕾です。
数年前までは滝の粧と同じくらいだったのにな。


クレマチス・野風・デュランディ

クレマチスは野風とデュランディです。
一緒に誘引していますが、それぞれ鉢で育苗中です。
どちらもインテグリフォリア系で、
野風の方が花が大きいくらいで違いがわかりません。


キショウブ
数年前に買ったキショウブが初めて咲きました。


クレマチスは、モンタナが散り野風が咲く前に、
紀三井寺も咲いてました。
実際はもう散ってしまったのですが・・・

クレマチス紀三井寺
クレマチス・紀三井寺

一口にクレマチスといってもいろいろな種類がありますし、
それぞれ剪定の仕方が違います。
誘引に手間がかかっても大好きな花なので毎年楽しみです。

Comment
この記事へのコメント
毎年の光景ですが、この傘をかぶった芍薬がだ〜いすき^ー^ 風情があっていいなあ〜〜〜
うちは、ずっと植えたいと思っているのにまだ植えていないのです。 (って去年も書いたような?笑) そちらもお花の季節になりましたね。 もう薪ストーブはさすがにたかないでしょう? 短い夏でしょうが、どうぞ楽しんでくださいね。
2017/ 06/ 27 (火) 01: 57: 56 | URL | tom # -[ 編集 ]
tomさんへ
私も毎年楽しみにしています。
ぜひぜひ、石の家でのシャクヤクも見てみたい!!!
いつか植えてくださいね。

薪ストーブは多分焚かないかな?
ここ数年は気候が変わって暑い夏ですが、
過去に7月や9月に焚いたことはありますよー。
2017/ 06/ 27 (火) 11: 40: 27 | URL | Saki # -[ 編集 ]
Sakiさん、

シャクヤクもクレマチス綺麗に咲いていますね。羨ましい!というのも、私も白雪姫という種類のシャクヤクを植えているのですが。。。蕾はつくのに、花が開かないのです。去年は蕾が固いまま終わってしまい、今年も蕾をつけてからかれこれ1ヶ月経つのに、少し中のピンクが見え始めたとは言え、完全に開きません。どうなっているのでしょう???切り花で買って開かなかった経験はありますが、切ってもいない花が蕾の状態で終わるって。。。毎朝励ましていますが、まだ足りないのか。。Sakiさんのシャクヤクの様に豪華に開いた姿をいつかは見たいものです。
2017/ 06/ 29 (木) 00: 22: 51 | URL | Angela # -[ 編集 ]
Angelaさんへ
白雪姫が咲いた姿をみたいですよね。
シャクヤクは肥料が必要なようなのですが、
寒肥はあげてますでしょうか?
あとは、植えて3年たっても咲かないようなら、
別の場所へ植え替えてあげるのも手です。
それで咲くことが多々あるので、植物って面白いです。
言葉は発しないけど、「ここは好きじゃないの私」ってメッセージです(笑)
かくゆう私も、かぐや姫が咲かなくなってしまったので、
秋に植え替えを考えているところです。どこに植え替えよう(汗)
白雪姫もかぐや姫も、姫なだけに繊細なのかもしれませんね。
2017/ 06/ 29 (木) 08: 23: 17 | URL | Saki # -[ 編集 ]
Sakiさん、

アドバイス、有難うございます。芍薬は栄養が必要なのですね。寒肥、足りなかったかもしれません。それと植え替えも試してみます。蕾が開かない、というのは蕾がつかないより可哀想な感じがして。。来年は心ゆくまで開花して欲しいです。
2017/ 06/ 30 (金) 23: 45: 57 | URL | Angela # -[ 編集 ]
Angelaさんへ
お世話をしてみても、正解かどうか結果がわかるのは1年後なので、
庭をやっていると気が長くなります(汗)
来年はお互いに、シャクヤクの姫の花が見れるといいですね。
2017/ 07/ 01 (土) 10: 00: 13 | URL | Saki # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.