トパーズのトリミング・ケージ暮らし - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしトパーズのトリミング・ケージ暮らし

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2017年 08月 15日 (火) 12:15 | 編集
久々にトパーズのブラッシングとトリミングをしました。
前回、トリミングを太郎に任せたら全てざく切りにされ、
長毛でも短毛でもないビミョーなお姿になったので、今回は私担当。
顔や背中、尻尾はそのままで、お腹と脇周りをカットして、
長毛らしい姿はキープしました。かわええ。

トパーズのトリミング

トパーズのトリミング

今回は、シャワーで流してさっぱりしました。
太郎がタオルで拭いたらゴロゴロ言ってました。
気持ち良さそう〜。
どう考えても普通に懐いてるように見えるし、
ブラッシング自体も好きなのに、
浴室連れてくるときにパニックになって大小粗相して、
かわいそうなのです(涙)
かわいそうでしばらくブラッシングを遠慮したこともありますが、
ガッチガチに毛が固まってエライことになったのでした。

猫ケージ

実はトパーズは、五郎蔵が亡くなる少し前からケージ暮らしです。
半年くらいになりますか。
五郎蔵とだけ仲良しの家庭内野良だったのですが、
五郎蔵が寿命なことはわかってたので、
私たちやネルとトパーズとも距離を縮めたかったのです。
冬場はネルとくっついいてたし、成功してます。

とりあえず、1日に何回も撫でさせてくれるようになりました。
肉球も触らせてくれます。
チュールも指から舐めてかわいいです。
だいぶシャーシャーも減りました。
たまにケージから出してますが、
何日かすると自分からケージに入っているくらい、
自分の居場所としてリラックスしてます。
早くからこうしてあげればよかった。
竹細工や着物の着付けなど、猫のいたずらが困る時は、
ネルと小夏も入ってもらうので超便利!!!

自由に隠れ場所のあるワンルームハウスの我が家なので、
家庭野良でも楽しく暮らせるのが問題でした。
そのうち私たちにも慣れるだろうと思ったら、
はや9年ですよ〜(汗)
猫の性格ってそれぞれなので、
その子にとっての良いようにしてあげるのは時間かかりますね。
トパーズの場合、そっとしておいてあげるのはマイナスでした。
長毛じゃなければ家庭内野良でも良いのでしょうが、
ブラッシングして差し上げないわけにも行かないからねぇ。
本当にケースバイケースですわ。



このケージ、最高にいいです。
組み立て式で、扉の位置も棚位置も自由です。
キャスターが付いているので、移動も簡単。
しかもお手頃価格!!!!
棚板を1段増設して、ベッドは2種類。
ハンモックも買いましたが、ここは小夏専用になりました。




Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.